一緒に暮らした大切なペットを後悔なく送るために!知っておくべきペット火葬の基礎知識を解説

こちらのサイトは、家族の一員として過ごしてきた大切なペットとのお別れを後悔することなく送るために知っておきたい基礎知識についてご紹介しています。
従来ならば、庭に埋葬するなどをしていたけれども家族の一員といった位置づけからペット火葬を希望される人も多くなっていますが、火葬を行うときには設備が充実した霊園施設がある場所や人間のお葬式に最も近い家族の一員として送ることができる民営の火葬場などがあること、豆知識にも触れているので参考にされることをおすすめします。

一緒に暮らした大切なペットを後悔なく送るために!知っておくべきペット火葬の基礎知識を解説

ペット火葬には合同火葬や一任火葬、立ち会い火葬の3つの方法があります。
合同の場合は、他のペットと一緒に火葬処理が行われるので費用を抑えることができます。
一任の場合は個別に処理が行われるけれども全て業者任せになるため、ペットの最期お別れに立ち会いたいとなったときには立ち会い火葬と呼ぶペット火葬がおすすめです。
立ち会いの場合は、人間に火葬と同じようにお骨上げや遺骨の返却をして貰えるので、暫くの間は自宅の中で保管をしておけ49日などを目安に納骨するなどのやり方でも利用できます。

後悔しないためのペット火葬の選び方

犬や猫、鳥などをペットとして飼っている場合、いずれは別れの時が訪れることになります。
その時はどのようにお見送りするのかについて日頃から考えておくことが大切です。
そうすれば、ペットに安心して旅立ってもらうことができるようになるでしょう。
たとえば、ペット火葬の依頼先については後悔するかどうかの重要な判断になるため、適切な選び方を知っておくことが大切です。
信頼できるペット火葬の依頼先を選ぶにはしっかりと比較をするのがポイントです。
料金だけではなくサービス面だったり、スタッフの質だったりなどもきちんとチェックしましょう。
色々な情報を調べたうえで決める方が特定の情報だけを見て決めるよりも満足できる可能性は高くなります。
ただ、特定の項目を重視するなら優先することも選び方の1つです。
特に、費用面での負担を少しでも下げたいなら料金の内容を重要視すべきです。
その方が出費を抑えられるので希望通りの結果になりやすいです。

ペット火葬の費用が決まる基準と相場

ペット火葬を利用する飼い主は増えてきていますが、その理由としてペットも家族と考える傾向が強いという点です。
そのため亡くなった時は火葬を行い、しっかり供養をしたいという気持ちが強いのも火葬を希望するポイントになっています。
実際にペット火葬を利用すると費用に大きく差がありますが、これは火葬するのペットの体重と利用するプランによる違いです。
火葬する時間は個体の大きさによって長さが異なり、軽い動物であれば時間は短く大きな個体になれば時間は長くなります。
また選べるプランも合同葬や個別葬や個別立ち会いなどでも、利用料金には差がでるのが基本です。
相場として2キロ未満の個体であり合同葬であれば1万5千円前後ですが、個別立ち会いを希望すれば2万円前後と費用は大きく変わります。
基本的な相場はありますが利用する業者によっても設定されている料金に違いはあるので、事前にプランも含めて比較した上でより納得できる業者を選ぶ事がポイントの1つです。

段取りよく送ってあげるために知っておくべきペット火葬の流れ

ペットが死んでしまうと悲しみだけが募ってしまい、何をすべきか分からない人も多いといえます。
ペット火葬の事を考えているけれども、時間だけが経過してしまうケースもあるけれどもペットが死んだときには速やかに死後硬直が始まる前に手足を丸めるように内側に折る姿勢にする、汚れている部分は濡れタオルを使ってきれいに拭き取ってあげてブラッシングするなど身体を清めてあげます。
また、ペットも人間と同じく死ぬことで腐敗が始まるので、タオルを使ってドライアイスを包み背中とお腹部分に配置してからペット火葬の依頼先に連絡する流れになります。
ペット火葬には個別火葬や合同火葬などのやり方がありますが、自分のペットの遺骨だけを残したいとなったときには個別火葬や一任火葬を利用して行えば、遺骨は骨壺に納めた形で返却して貰えるので、後はペット霊園や墓地に安置するなどそれぞれの考え方に応じて行えば良いでしょう。
人によっては自宅で安置している人もいるので、しばらくはそばに置いて行きたい人などおすすめです。

一緒に暮らした自宅周辺で出来る訪問ペット火葬

ペット火葬を専門にしているペット葬儀社では、動物の大きさに関係なく適切な火葬処理ができる会社が多くあります。
一般的な小型犬から超大型犬、猫などの動物は人間の火葬場で処理を行うとサイズにより骨が残らない、遺骨の形が残らないで粉々になってしまうこともありますが、ペット葬儀社やペット霊園に設けられた火葬施設の場合は動物の大きさに合わせて工夫を取り入れながら火葬を行ってくれる、小動物などの場合は専用トレイを用意してくれるため骨の形を残して処理ができるので骨拾いを行って骨壺に安置することも可能です。
ただ、ペット火葬を行う施設まで遠かったり大型犬などから車がないので運べないなどのケースもありますよね。
ペット火葬を行っている会社の中には訪問火葬車と呼ぶ専用の車両を所有していて、自宅周辺や自宅の駐車場などを利用してその場でペット火葬ができるサービスを用意しているところもあるので、マイカーを持っていない人や火葬場まで行くことができない人など訪問火葬車を利用するのがおすすめです。

ペット火葬に関する情報サイト
知っておくべきペット火葬の基礎知識

こちらのサイトは、家族の一員として過ごしてきた大切なペットとのお別れを後悔することなく送るために知っておきたい基礎知識についてご紹介しています。従来ならば、庭に埋葬するなどをしていたけれども家族の一員といった位置づけからペット火葬を希望される人も多くなっていますが、火葬を行うときには設備が充実した霊園施設がある場所や人間のお葬式に最も近い家族の一員として送ることができる民営の火葬場などがあること、豆知識にも触れているので参考にされることをおすすめします。

Search